日本語ライブ授業

過去4,000名が受講、JLPT試験N2以上で90%の合格率
文化庁認定の地域日本語教育コーディネーターの授業が受けられる

日本で働く外国人は、日本に来る前に集中した日本語教育を受けるとはいえ、日本人講師との会話をする時間が少なく十分とは言えません。
N4を合格しているとはいえ、N4レベルの日本語で話ができる人は少なく、そのため受入れ後に職場でのコミュニケーションが上手くいかず、受入れ企業様も、本人もストレスを感じ、結果的に受入れに失敗する事例が多くあります。
そこで、MANABEL JAPANでは、企業様の声を元に、ライブ授業のコースを開設いたしました。

MANABEL JAPANの
日本語ライブレッスンの特徴

01
日本語教育のプロフェッショナルが、受講者のレベルを判定。スタート地点を明確にし、しっかり目標を設定して指導します。
02
事前にインプットした宿題の内容を、授業で実践。アウトプットすることで格段にコミュニケーション力が上がります。
03
日本語の習得には、日本語だけでキャッチボールができる環境が必要。日本人講師との貴重な時間です。

日本語教師代表からのメッセージ

受け入れ側の意識を変える

外国人労働者を受け入れる時、受入れ機関で必要なのは、外国人の背景を知って、外国人とどう向き合うかと考えるきっかけを社内で作ってもらう事です。受入れ機関は日本語学習に対する特別な協力はいりません。もし協力するとしたら、やさしい日本語で日常的に話しかけてあげること。専門的な日本語教育は私たちにお任せください。

日本語教師代表
譲原京子

講師プロフィール

文化庁認定地域日本語教育コーディネーター
ヒューマンアカデミーにて4000名の教育実績
送り出し機関の日本語教育支援、人材紹介
日本語講師の団体のコンサルティング実績多数

INTRODUCTION コース紹介

会話集中トレーニングコース

会話=応用力

会話ができるようになるためには、相手が言っている事を、聞いて答える練習が必要です。状況を見て→考えて→必要な答えを導き出す過程が重要です。あらゆるシーンのパターンをインプットして、必要な時に必要なことばをアウトプットできるトレーニングを徹底的に行います。

ライブ授業の見学やトライアル授業を
まずはお試しください。

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください。

  • フォームからのお問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ

    06-6190-6276 受付時間/平日9:00〜18:00
top